子育てにいい住宅の間取りは一室空間タイプで

今流行りの一室空間タイプの間取りは、子育てファミリー向きだと思いますよ。

なぜなら、家族の顔を見ないで自室に行くことが不可能ですからね。

玄関を入ってからまず通るのは、リビングルームですから。

 

リビングルームと同じフロアには、ダイニングスペースがあってキッチンがあり、そして二階へと上るリビング階段がありますからね。

二階の子供部屋にいくためには、リビングルームに配置されているリビング階段をのぼる必要があるのです。

 

ですから、もしも子供達が思春期で必要最低限しか口を聞かなくなってしまったとしても、一日一度も顔を合わせないということはないものです。

 

一室空間タイプの家でしたら、必ず家族が顔を合わせますからね。

それはネガティヴに捉えるのではなく、むしろポジティブなものでしょう。

実際に私の友達の家は、必要最低限でも顔を合わせていることによって、子供達の様子がわかり「健康だしそれでいい」という気持ちになるということで。

また、子供が友達を連れてきた際も、子供部屋が全く感知できないというわけではないのでとても良いと密かに思っているわけです。

大阪で木の家を建てるならこちら!