注文住宅の居室の設計のポイントについて

夢のマイホームでもある注文住宅で、居室を考える時に大事なポイント

としては、主寝室は何畳必要かと言う事です。

 

主寝室に必要な広さはベッドの配置によって変わり、和室に布団を敷いて

寝るのであれば6畳でも十分ですが、ベッドや机などを置く場合では、

8畳以上は欲しい言えます。

ダブルベッドなど大きなベッドを寝室に入れたい場合は、

ベッドの配置を考えて設計する事が良いと言えます。

大きなベッドを入れる事を考えてしっかり設計しないと

実際に搬入できないなどのトラブルにも繋がります。

 

書斎は必要かという事も考えると良いです。 間取りに余裕がない場合には、

難しいこともあります。

ちょっとしたデッドスペースにカウンターを置くことで書斎替わりにも

なるので工夫次第で大きく変わります。

居室はしっかり考える事をおすすめしますが、注文住宅の間取りについて

イメージしやすくする為に、実際の物件を見て間取りの使いやすさなど

研究してみる事も良い方法と言えます。

大阪で木の家を建てるならこちら!