注文住宅での間取り決めで大事なこと

建売住宅と異なり、注文住宅は完成するまで間取りを実感することが出来ないので、住み始めてから後悔する事にならないように間取りをしっかりと考える事が大事です。

現在のライフスタイルを再確認する事は大事で、家族の数の分だけライフスタイルがあり、間取りにも工夫が必要です。水回りの配置は慎重に間取作りを行いキッチンやバスルームや洗面所、トイレなどの水回りの間取りは慎重に考えたいものです。キッチンからすぐに洗面所に行けるなどの家事動線がスムーズになるように意識すると良いです。

日当たりの確認も大事で、土地の向きに合わせて、日当たりも大きく変わってきます。日当たりが少ない土地だと2階をリビングとする事や窓の数を増やすなどの選択肢も出てきます。

また、地震に強い家の収納は動線も確認する事で、収納は面積だけで考えてしまう人が多いですが、実は動線が重要で、天井裏に大きな収納を設けても、階段を上がり降りするのが苦痛で実際は使わないといったケースもあるので、収納する物の種類に合わせてスペースを分けるとよいです。