注文住宅のトイレのデザインについて

注文住宅は、トイレや洗面所の選択肢もぐっと増えメーカーはもちろん、手洗い器のレイアウトなど、設計次第でおしゃれな空間を演出することも可能です。

トイレの設計は、手洗いの場所をどうするかで広さが変わってきます。決めておきたいポイントとしてタンクレスか昔からある手洗い器付のトイレかと言う事です。

タンクレスのトイレは見た目はすっきりしておしゃれですが、別に手洗い器を設置する必要があるために広さが必要です。手洗い器には、壁付けタイプやボウルタイプ、カウンターなど多く、トイレのレイアウトによって広さが決まる事からしっかり選びたいポイントと言えます。

トイレの個数についても考えておく必要があります。2階建ての場合には、各フロアに一つづつあるのが理想で、今は必要ないけど将来必要かもしれない場合は、物入れとしてでもいいのでスペースを設けて、排水管や電源などを確保しておくと良いです。大阪で木の家を建てるときはトイレにはこだわりを持って空間をデザインすると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です