注文住宅での必要書類の確認について

注文住宅を建てる場合は自分で土地を購入することが必要です。

相続などで土地を手に入れることが出来た人もいると思いますが、その土地の素性を正確に把握することです。その土地が住宅地域なのか、商業地域なのか、建蔽率はどのくらいあるのかなど事前に書面で確認しておくことが重要です。トラブルを未然に防ぐには、家を建てる際には事前に必要な申請書類や、手続について確認する必要があります。

実際に必要な書類は5つあり、設計図書は、全ての図面が揃っている可能性は低く平面図や立面図、断面図や仕様書は最低限チェックで必要になる図面です。工事請負契約書は、発注者や請負者、工期、請負金額、代金の支払い方法など記載されている書類であり、引き渡し日が確定している事や支払い条件が適切かの確認をすると良いです。

工事工程表は、工程表でありくれない業者には要注意で、工程や品質がずさんな業者の場合があるので注意すると良いです。見積書は、工事費内訳書や工事内訳明細書とも言いますが、図面と合っているかの確認が出来ます。東大阪で一戸建てを建てる際にはこのような点にもご注意くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です