自分にあった間取りの見つけ方

たとえば、二世帯住宅を考えた時のことです。

二世帯住宅とは、一つの建物に親の世帯と子の世帯の二世帯の家族が住む形態になっている住宅をいいます。

今回は、二世帯住宅に興味を持った時に考えて欲しい二世帯住宅の魅力についてみていくことにします。

 

まず、親世帯と子世帯の協力体制によってお互いにサポートをしあえるということが、二世帯住宅におけるメリットの基本です。

例えば、日常生活の様々な場面を考えてみましょう。

子育て世代の毎日の家事や育児を親世帯であるおじいちゃんやおばあちゃんが、分担してくれたらどんなにか助かるでしょうか。

現代は、専業主婦が一日家にいて家事や育児に専念できるような環境が整っているとは限りません。

むしろ、共働きで目まぐるしく動き回っているのが子育て世代の現実でしょう。

また、反対に、親世代の家事の負担を子世帯が助けることもできるでしょう

。夕食を親世帯と子世帯で交互に分担するなどのルール作りなどによって、よりその家庭にフィットした協力の仕方が見つかっていくはずです。

 

親世帯にとっては、介護の問題が切実な話にもなってきます。

そんな時、子世帯が親世帯のサポートをより効果的にスムーズにすることができるのが、二世帯住宅のいい部分でもあります。

 

また、このような日常の協力体制だけではなく、突発的に発生する緊急事態への対応にも、親世帯と子世帯が協力することが可能になります。

代表的な例では、子供が急に熱を出したときに、親世帯が面倒を見るなどという場面です。

共働きの子育て世代は、急に仕事を休むことが難しい場合も多くありますので、そんな親世帯の協力を本当にありがたいと感じることでしょう。

 

二世帯住宅にすることによる経済的なメリットもまた見逃せません。

例えば、親世帯と子世帯が別々に家を建てた場合を考えてみれば、明らかです。二世帯住宅によるコスト削減効果は絶大です。

 

また、日常生活におけるコスト面での節約効果も大きいです。

みんなで一緒に食事をするだけでも、両方の世帯が独立していてバラバラに食費などを掛ける場合に比べて、大きなコスト削減になります。

さらに、ところどころで一緒に行動するだけで、様々な生活費や光熱費の共用による節約が可能です。

二世帯住宅でお互いに近くで生活することは、物理的に近くで生活できるということだけではありません。

そばに頼れる身内がいる安心感が得られるという、精神的な親密感や近さをももたらしてくれるのです。

これが、二世帯住宅による精神面でのメリットになります。

これは、特に親世帯が感じる効果と言えるかもしれませんが、子世帯にとっても、遠く離れた土地に親が住んでいるというよりは、同じ屋根の下で見ていられるという安心感を得られることも大きなポイントです。

また、子育てという側面でも、この二世帯住宅での生活は大変大きな効果をもたらします。つまり、子供(孫)とおじいちゃんやおばあちゃんが触れ合うことで、子供の多角的な視野が醸成されるとか、情緒面での成長に効果があるなど、子供の成長にとって大変有益なメリットがあるといえるのです。また、祖父母の側にとっても、孫との適度な触れ合いが、やりがいのある充実した生活につながっていくでしょう。

 

貯蓄
童話
SEOアクセスアップ相互リンク集
サプリメント
心の童話
ショッピングカート
オーディオ
工務店向け集客ノウハウ
お小遣いNET
生命保険の選び方